2011年09月27日

「星の王子さま」 アントワーヌ=ジャン=バティスト=マリー=ロジェ・ド・サン=テグジュペリ

こんにちは〜。

今日も読んだ本の紹介です。笑

今日は皆さんが知っているだろう、不朽の名作!

愛蔵版 星の王子さま / サン=テグジュペリ (著); Antoine de Sa...

そうです!
「星の王子さま」

いまさらですが、読んでみました。


逆に、この歳になってから読んでよかったかなーって思いましたね!

王子さまのピュアな心、
前は持ってたのかなーって自分でちょっと思ったり。


私の好きなところは、
バラを心配しているところ。

なんやかんや言って心配で心配で
何回も後悔しちゃうところ。

なーんか泣きそうになりましたねー。


あとは、やっぱり「大切なものは目に見えない」ってところ。

そうゆうものを心に持っている人が
すてきな人なんだと思います。


またもう1度くらい読んでみたいと思います。

もっと年齢を重ねてから読んだら
また違った捉え方になりそうだなーって思うなー。


でも、
読んだときに感動してほしいなー。次回読んだときも。

posted by あや at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。